BFコンサルティング

PERFORMANCE / CASE

実績・事例

2021/06/24

 

実績・事例

【鈴木ブログ vol.11】思いやり

知的障害のある子どもが、公的補助の申請に必要な、医師の診断を受けた。
「お父さんは男の人です。では、お母さんは?」の質問に元気いっぱいに即答した。
 
「大好きです!」
 
作家の柳田邦夫氏が自著「人の痛みを感じる国家」で紹介したエピソードである。

目次

親と子ども

両親とは、頭の中で考える前に、無条件に、かけがえのない存在。
子どもの心には、そう映っていた。
 
私の中学の同窓に、重度の精神発達遅滞の子どもを育てる友がいる。
親子のコミュニケーションが成り立たない事が最大の悩み。それを乗り越えたいと日々葛藤している。
 
ある日、いつものように、子どもが満面の笑みで、父である自分の顔を撫でまわした。
 
はっとした。
 
「息子は、ずっと私に語りかけていたんだ」
 
言葉は心の窓である。しかし、心を通わせる窓は、言葉だけとは限らない。
心から相手を愛し、信頼していれば、思いは必ず伝わる。
どんな方法でも伝えられる。
 
子どもたちは、それを教えてくれている。
「思いやり」とは「思いを遣る」。すなわち、思いを相手の心を差し向けることだと、ある哲学者が語っていた。
思いを遠く遣った分だけ、わが心は広がる。
心の窓を大きく開け放って、家庭に職場に地域に、思いやりの風を吹かせて行きたい。

 

 

 

 

記事の担当者

 


 法人営業部 部長
 鈴木 保 (Tamotsu Suzuki)

 実務経験:約30年
 得意分野:賃貸仲介(オフィス・店舗賃貸)、PM業務
 ≫プロフィール詳細