BFコンサルティング

PERFORMANCE / CASE

実績・事例

2019/07/04

 

実績・事例

リーシング




リーシングとは

リーシングとは、主に商業用不動産の賃貸物件に借り手がつくようにサポートする業務や賃貸借契約の仲介業務を行うことを指します。
その他、テナントの立地動向についてマーケティング調査を実施したり、物件を建てる計画段階からテナントの構成や賃貸条件の設計・調整などの検討や提案などの業務も含まれます。


業務内容

テナント企業へのヒアリングによるプランの検証から、コンセプトや施設特性に基づいたテナント誘致、市場調査、賃貸条件の決定、申込者の選考、契約事務まで、万全のサポート体制を敷いてビル事業をバックアップします。



テナントによる不動産価値の向上

不動産賃貸借事業において、高い入居率(成約率)を確保し続けるのは容易ではありません。
物件の用途や移転目的によってもアプローチが大きく異なり、あらゆるニーズやケースに対応出来る豊富な経験と実績が必要となるからです。
立地動向調査・マーケティング調査はもちろん、有力な専門店を誘致する営業力・企画力も欠かせません。

・テナントが入ることでオーナー様のビルの価値が高くなるか。
・そのテナントによって街の集客はどう変化するか。
・申込者の信頼性は担保できているか。

当社はこのような観点を踏まえつつ、長年の経験により蓄積された独自情報を活用し、エリア、施設形態、業種業態問わず、幅広い視点から商業施設の新規開発やリニューアルのリーシング業務を行います。